定期的に更新中!

POS機能について|Shopify

pos

今回は、実店舗があるECサイトの移行をした際のお話です。
これまでは、ECキューブを使用されていたのですが、Shopifyに移行されたいということで、案件をご相談いただきました。

この案件で重要だったのは、オムニチャネル型の販売を実現したいという点。実店舗とオンラインを連携させて、シームレスにお客様に買い物をしていただきたいという要望がクライアントにあったため、Shopifyでどのようにすればそれが実現できるのかを調査した際の情報をナレッジとして残しておきます。

POSレジとは

POSレジ|Points of Sales|販売時点情報管理

販売した時点での販売情報を、管理する(記録・集計する)POSシステムを搭載したレジ。
昨今のPOSレジ(POSシステム)は、PC・スマートフォン・タブレットなど、アプリを経由してクラウドサービスを利用することができることや、クラウドのトレンドとも重なり、中小規模店舗にもどんどん広がっています。

又、クラウドPOSレジは、オムニチャネル実現にも、大いに役立つ機能で、Shopifyでは「Shopify POS アプリ」で簡単に導入できます。

※POSシステム例:スマレジ、Airレジ、ユビレジなど

POSレジでできること|POSレジの機能

POSレジの機能には以下などがあり、とても便利です。又、これら売上情報の蓄積とデータ収集を重ねていくことで、あらゆる分析と改善ができるようになるため、売上に大いに寄与します。

  • リアルタイムでのデータ収集|商品管理、在庫管理、顧客管理
  • バーコード管理
  • 各店舗の売上を一元管理できる
  • 複数店舗の管理、基幹システムとの連携(本部で、各店舗の売上をリアルタイムで確認できる)

上記の情報がリアルタイムでわかることで、経営分析&改善やマーケティング向上にも役立てることができます。どんなお客様に・いつ・どこで・何が売れたのかという情報は、今後の売上を伸ばすためにはとても重要な情報になります。

POSレジの歴史

以下の順番で、現在のPOSレジになったそうです。

  1. キャッシュレジスター(非POSレジ)
  2. POSレジ
  3. タブレット型のクラウドPOSレジ

従来のレジでは、価格・お釣りの計算しかできませんでした。
しかし、POSレジになったお陰で、レジ機能で会計を済ませるだけでなく、POSシステムが販売情報や在庫を記録し、確認できるようになりました。

【販売情報例】

  • いつ・何が・いくらで・何個売れたのか
  • その商品の在庫状況
  • 顧客情報(年齢、性別、購入履歴)
  • 購入された日の情報(土日祝、天気、気温など)

タブレット型のクラウドPOSレジの良い点

タブレット型のクラウドPOSレジは、美容室などへ行った際などに見たことがある方も多いのではないでしょうか。高機能でスタイリッシュ、そして安価。私がもし店舗を持ったならば、断然タブレット型のクラウドPOSレジを使うだろうな~と、クライアントの話を聞きながら思っていました。

では、なぜそう思ったのか…
それは、以下の「タブレット型のクラウドPOSレジならではの良い点」があったからです。

  • 導入コストの低い
  • 導入の手順が簡単、端末にアプリ(ソフト)をインストールして活用するだけ
  • 直観的なUIで、高機能。
  • 店舗に合ったプランと機能をセレクトできる
  • 故障しても、端末を変えるだけでOK
  • 販売情報は、クラウドサーバーにデータ保存され、リアルタイムで売上や在庫が確認ができる
  • 機能のアップデートも容易

事業の規模や事業計画にもよると思いますので、クライアントと一緒に事業を作り上げる位の気持ちで、様々な要件を確認しつつ、どのPOSレジ&ECプラットフォームを使っていくのかを検討する必要があると感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA